<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 2年ぶりの更新 | main |
ひさしぶりの動画投稿
 ひさしぶりに動画を投稿しました。パソコンがWindows 7になったので、編集ソフトなどの使いかたが分からずに苦戦。なんとか、前のとおりの形にすることができました。

 ヘルムート・ラッヘンマン(1935-)はドイツ生まれの作曲家です。1958年から1960年にかけて、ルイジ・ノーノに個人的に師事しており、70-80年代にはダルムシュタット夏季現代音楽講習会の講師として活躍しました。世界的に評価されている作曲家ですから、名前くらいは聞いたことがあるんじゃないでしょうか。


 1956年に作曲された『シューベルトの主題による5つの変奏曲』は、シューベルトの『ドイツ舞曲 嬰ハ短調 D. 643』をもとにした作品です。
 このたった1ページのみじかい舞曲に、たたみかけるように現代的な要素が加えられていきます。とはいえ、ノーノに師事する以前の作品ですから、「いかにも現代音楽」という難解さはありませんね。全曲をとおして嬰ハ短調で書かれており、特殊奏法も使われていません。


 YouTubeでも(繰りかえしを省略していますが)当時14歳のJun Park君の演奏を聴くことができます。また、録音はいくつもありますが、ちょうど1週間後くらいにRoland Kellerの演奏するCDが発売されるみたいです。

 

 個人的には、ラッヘンマンといえば、特殊奏法だけで構成された(つまりピアノを弾かない)ピアノ曲『ギロ』のイメージが強いので、これもいずれ打ち込みたいなと思っています。もっとも、「特殊奏法をどうやってMIDI音源に置き換えるか」という大きな問題が横たわっていますが……。

| comments(0) | trackbacks(0) | 05:49 | category: 音楽 |
スポンサーサイト
| - | - | 05:49 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wwwwwwwwwwwww.jugem.jp/trackback/1905
トラックバック
Profile
"Я"yo
現代芸術に興味のある,さえない男のブログです. エロ・グロ・キ○ガイ,なんでもござれ.
【ニコニコ動画 / Music Videos】
【Concert of Modern Music】
Twitter
Categories
Comments
Search this site
Sponsored Links