<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< おえかき | main | ポスト・パーティションズ >>
フレデリック・ショパンの新作


フレデリック・ショパン作曲『夜想曲 変イ長調』
1966年の作品です。

……。

 すこしでもクラシックに興味のある人なら「え?」と思ったはずです。ショパンが亡くなったのは1849年のこと、……1966年に作品を書いているわけがありません。
 じつは、この『夜想曲 変イ長調』は、霊媒師のローズマリー・ブラウン氏が「ショパンの霊に憑かれて」作曲したものです。彼女はピアノの才能には恵まれませんでしたが、子供のころにフランツ・リストの霊に出会ってからというもの、大作曲家たちの死後の作品をつぎつぎと受信したそうです。リスト,ショパン,シューマン,シューベルト,バッハ,ブラームス,そしてベートーヴェンの『交響曲 第10番』云々……。

 研究者のあいだでも「Confirmed」とか「Busted」とか議論されていますが、ぼくは信じていません。楽譜やCDもあるそうですが、現在は入手困難のようですね。こんな怪作もあるということで……(^^;

【Wikipedia / ローズマリー・ブラウン】
【似而非随筆 / 10. 霊媒音楽家ローズマリー】
| comments(3) | trackbacks(0) | 01:14 | category: 音楽 |
スポンサーサイト
| - | - | 01:14 | category: - |
コメント
うーん・・・百歩譲ってショパンのワルツだとしてもノクターンではないような? 
リズムがあっさりしすぎ。ノクターンなら彼もっと複雑なリズム使いますからねー
残念ながら僕も信じない派ということで
| proko | 2010/07/13 8:40 AM |

ショパンのノクターンは複雑なのですか。
ぼくは楽曲分析とは無縁ですので、
リズムのことまでは分かりませんね、……勉強になります(^^;

どこかで聴いたような楽想ですし、
「霊媒だと信じつつも、自然とマネしちゃった」
というのが真実かなと思っています。
| "Я"yo | 2010/07/14 11:48 PM |

初めて聴いたが遺作のワルツのようではある
| う | 2015/01/05 6:50 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wwwwwwwwwwwww.jugem.jp/trackback/1883
トラックバック
Profile
"Я"yo
現代芸術に興味のある,さえない男のブログです. エロ・グロ・キ○ガイ,なんでもござれ.
【ニコニコ動画 / Music Videos】
【Concert of Modern Music】
Twitter
Categories
Comments
Search this site
Sponsored Links